あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

地球の鼓動が聞こえる国・アイスランドで見つけた幸せのヒント 〜①絶景〜


世界一幸せな国と呼ばれるのはなぜ?旅の記録とともに秘境アイスランドの魅力を3記事に渡りご紹介します。

 

アイスランド基本情報

世界最北の島国、北極圏に近いアイスランド共和国(首都:レイキャビク)。国土は北海道と四国を合わせたくらいで、人口は約32万人。世界でもトップクラスの生活水準と物価の高さを誇るアイスランドは日本との共通点がとても多い国でもあります。日本と同じ火山国で温泉も多く地熱発電の先進国。周りを海に囲まれているのでたくさんお魚を食べます。北米プレートとユーラシアプレートが出会うところに位置しているのもアイスランドと日本だけ、地震も多く発生します。なんだかちょっぴり親近感を感じますよね?

アイスランドはオーロラが観れる一番暖かい国と言われています。名前からして寒いイメージですが、冬は寒くても0度から±10度くらいの範囲だそうです。現地の方によると「アイスランドは緑が多く、グリーンランドは氷が多い」と言われておりグリーンランドの方が寒いんだとか。

hobbit-house-icelandic-flag-537x358

出典先::inhabitat

 

毎日が感動の連続!リングロードで島を一周しよう

アイスランドにある唯一の幹線道路、国道1号線。この道路は別名「リングロード」とも呼ばれ、アイスランドの島をぐるーっと一周することができます。景色を遮るものがない、どこまでも続く一車線のリングロード。少し脇道に入ると絶景スポットに立ち寄ることができたり、珍しい鳥に出会えたり、途中の小さな街で休憩したり…と、ドライブを楽しみながら進んでいきます。アイスランドには電車がないので、バスツアーに参加するか自分でレンタカーを使うのが一般的です。私たち夫婦はセルフドライブで1週間かけてアイスランドを周りました。

IMG_20150811_194242

手付かずの壮大な自然。首都レイキャビク以外は小さいな村がポツポツとあるだけ。

HorftFraBjolfi, Katla

アイスランドでは氷河の浸食によって形成された地形フィヨルドも見ることができます。自然の状態が残されたフィヨルド地帯には橋もありません。この独特の地形は手を開いた時のような形をしています。指のかたちを鉛筆でなぞる時のように先端まで行ったらまた根元まで引き返すの繰り返しです。運転は時間がかかり大変ですが、そこから見える景色は圧巻です。
出典先:visitorsguide.is

 

アイスランドといえば「氷河」

「火と氷の国」と言われるアイスランドですが、国土の約11%を氷河が覆っており火山の上に氷河が形成されています。活火山が噴火すると、氷が溶けて大洪水を起こすそうです。実際に、1996年に起きた噴火により流れ出た水はおよそ東京ドームの3200倍だったと言われており、道路や橋を次々と破壊したそうです。一方で、アイスランドはこの活火山で蓄えられる地熱エネルギーを利用し、原子力や化石燃料は一切使用しないという自然エネルギー大国でもあります。
アイスランドの人たちは、地震や噴火などの厳しい自然環境の中でも、そこから学び自然と共存し生活しているのですね。

IMG_20150811_192255

アイスランド最大の氷河湖、ヨークルスアゥロゥン。氷河が溶けてできた湖です。美しい青色の氷は光の加減で様々な表情を見せてくれてとても幻想的。

langjokull-glacier-iceland

ツアーに参加すれば氷河の上を歩いたり、氷河の地下にある氷の洞窟に入ることもできます。
出典先::theblondeabroad

 

美しすぎる!大自然の力強さを感じるダイナミックな滝

アイスランドには無数の滝があります。ドライブをしていると、小さいな滝から大きな滝まで、簡単に見つけることができます。アイスランドの素晴らしいところは、ロープや柵などがほとんど設置されておらず自然そのままの状態で残されていることです。アイスランドの人々は自然と調和し暮らしています。自然を尊重し、手を加えたり破壊しません。自然とどう接するか、安全への責任も全て個人の判断に任せられます。だからこそ、他の観光地では味わえないようなありのままの自然を自由に楽しむことができるのです。

Dettifoss-Waterfalls-Iceland

ヨーロッパで一番水量が多いと言われている滝「デティフォス」。近づくにつれて地響きのような音がだんだん大きくなっていき体にまで響いているのを感じます。ゴーっという力強い音と共に激しい勢いで落下する水、見ているだけで吸い込まれてしまいそう。地球が「生きている音」を全身で感じられる滝でした。

Godafoss

「神々の滝」と呼ばれる「ゴーザフォス」。1000年にアイスランドがキリスト教に改宗する際、それまで信仰していた北欧古来の神々の像を投げ入れたとされています。強さと美しさを兼ね揃えたゴーザフォスはアイスランドで一番美しい滝と言われています。
出典先:alexblog.fr

godafoss13

冬のゴーザフォスも神秘的ですね。季節や天気・時間によってその姿を変えていくので、二度と同じ写真は撮れないと言われています。
出典先:bashoh.com

 

私たちの生活とは関係なく起こる自然現象のリズムにまさに地球が生きているのを実感し、どんなに便利な暮らしになっても自然を軽視してはいけないと改めて気づきました。私たちも自然に対する畏敬の念を今一度思い起こす必要があるのではないでしょうか。

アイスランドの絶景が教えてくれたこと。それは、私たちは自然と共存しなければ生きていけないのだということ。
アイスランドの人々が持っている自然を守る気持ち、そして自然と共に暮らすことで生まれる心の余裕、それが幸せのヒントなのではないでしょうか。次の記事ではアイスランド人の長寿の秘訣について考えてみたいと思います。


堀内 奈未

ヨガインストラクター・Nami ロサンゼルス在住中にヨガ教室「sunya/シューニャ」を設立、現在は愛知を拠点に活動中。 ヨガの魅力を伝えながら、自らも心が豊かになるヨガ的シンプルライフを実践している。