あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

ハーブの女王は足元に


ミラクルすぎるヨモギ

IMAG5479

 

覚えていますか、ヨモギ

昭和生まれのあなたなら、子どもの時に土手や公園でヨモギを摘んだ記憶があるかもしれません。そう、草餅に入っているのがヨモギです。実は、日本には35種類ほどヨモギがあると言われています。私は、鍼灸の世界に入るまで、ヨモギって1種類だとずっと思っていました。ヨモギは、モチグサとも言われ、薬草王国沖縄ではフチバーと呼ばれ炊き込みご飯に入っていたり、漢方の世界では艾葉(がいよう)というというお薬でもあります。韓国のヨモギ蒸しの方が親しみのある方もおられるかもしれませんね。

 

女王の由縁

ヨモギは葉、茎、根にいたるまで生活のあらゆる場面で活用できる究極の和製ハーブ。その学名をアルテミンシア属といいます。ギリシャ神話で、女性とその健康の守護神とうたわれた女神アルテミスの名前に由来していると言われています。

ヨモギに含まれるアルテミシニンという成分、がんを死滅させるという効果があり研究が進んでいたり、2015年には、抗マラリア薬として開発した中国の研究者がノーベル医学生理学賞を受賞されたりと、その効果はとってもミラクル!

IMAG5483

 

手軽にヨモギのある暮らし

飲んでよし、つけてよし、浸かってよし、嗅いでよし、燃やしてよしの五拍子そろった薬草であるヨモギ。漢方名である「艾葉(がいよう)」は、「病を艾(止)める」という意味から。その効能や栄養価の高さから万能薬とも言われます。

ヨモギを手軽に暮らしに取り入れる方法としては、<ヨモギ風呂>がおススメ。乾燥したヨモギをお鍋で煮出して、お風呂に入れるだけ!ヨモギを布袋に入れて、そのまま浴槽にいれてもOKです。その時、ひとにぎりの塩を入れるとさらにカラダが温まります。バスルームが、ヨモギのいい香りで満たされます。この香り、シネオールという精油成分で、交感神経を抑え、副交感神経を強め、脳の神経を静め、睡眠を促す効果があり婦人病や腰痛にもよいとされています。

そして、ヨモギ茶もおススメ!

血液を浄化する、カラダを弱アルカリ性にする、毒素を分解して排出するなどの効果があり、便秘の方にもおすすめです。

IMG_4650 

※乾燥ヨモギはご自身で作られるほかに、販売もされています。※ヨモギ風呂は色がつきますので、淡い色の浴槽をお使いの方は、浴槽に色がつかないように注意しながら行ってくださいね。

 

和製ハーブの女王ヨモギを手軽に暮らしに取り入れて健やかに美しく。

 


虎谷 恭子

忙しくも楽しく広告代理店で20年勤務。2003年より体調を整えるためにヨガをはじめ、骨盤調整ヨガ、ベビーヨガ、キッズヨガインストラクターとなり、より未病ケアに興味をもち子どもの頃から親しみのあった鍼灸を学びたいと鍼灸学校に入学、国家試験に合格し鍼灸師となりました。温かく心地よい美容灸は関東、関西、九州で人気。日本でも数少ないお灸を専門とした鍼灸師。