あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

地球はわくわくワンダーランド


赤ちゃんにとっては毎日が地球大冒険!呼応するその姿を一番近くで見守る母の幸せ

地球大冒険

小さくて偉大な先生

この原稿を書くに当たり、現在2歳1ヶ月の息子の幼き日々の写真を0歳からパラパラと見ていました。見ていると、つい昨日のことのようにその情景が思い浮かびます。そのときの自分の葛藤、心情、子どもの愛おしく豊かな表情や行動、ともに見た景色や風の香りを思い出しては、鼻の奥がつんとなり、胸は熱く、目に涙がたまり、いつしか溢れ出ることがしばしばありました。

いつだって彼は、私にとって小さくて偉大な先生です。今も変わらず感謝しています。

抱っこして一緒に見る景色

抱っこして一緒に見るいつもの景色.jpg

当たり前のことだって

あたりまえのことだって、彼の目を通すと発見と感動でいっぱい

 

子育ては気づきと感動の連続

ずり這いからハイハイに移行するとき。四つん這いになっては、ぺしゃん。四つん這いになっては、ぺしゃん。腕で身体を支えきれなくては失敗するの繰り返し。何度も何度も。だけれど、失敗しても笑顔で続ける様子をみて、はっとしました。

ああ、彼は、自分にはそんな能力がないと決めつけて自信をなくしたり、恥ずかしく思ったり、すねたりあきらめたりしない。笑顔で挑戦するその様子は、単純に自分の身体の使い方を楽しんでいるように見えました。生命いっぱいに、生きる喜びに満ちている。その様子は生命の輝きそのもので、眩しくて眩しくて仕方ありませんでした。

「私はいったいいつから、自分に制限をかけたり、失敗することを恐れるようになってしまったのだろう。私にもきっとこんな時代があったはず」と、昔になくてしまった大事なものを見つけたような驚きでした。こんなことでさえ、ひっそりと涙を流すのでした。

このことはまた、ハイハイから2足歩行を始めるときにも思い知らされます。(ええ、何度でも!)

幼い子どもを見ているとき、どうしようもなく魅きつけられるのは、こういった「今この瞬間を生きている」という不思議さと溢れんばかりの生命の輝きそのものなのでしょう。過去も未来もなくただその一瞬一瞬を生きている、それは子どもたちの才能だと思います。

ずりばいからはいはいに挑戦

ずり這いからハイハイに挑戦.jpg

腕で支えられなくてぺしゃん

腕で体重を支えられなくて、ぺしゃん

 

子育ては自分の深部と交わる時間

仕事に子育てにと、大切なことを両立できない私は、子どもとの生活や家族との時間を優先するようになりました。産後しばらくは、活躍する友人や仲間を見ては、焦り、自信をなくし、閉塞感でいっぱいだったのですが、

今では子どもとの日々の生活に深く浸って良かったと思っています。彼の地球大冒険にお供し、地球に呼応するその姿を一番近くで楽しく見守れることの幸せ!

人間が生まれて育つ過程やその周りとの関係性は、自分も当事者として体験しているはずだけれど、親となって客観的に見たり、当時のことを思い出して子どもの立場あるいは親の立場として思いを巡らせてみたりと、またその学び直しをさせてもらっているようでした。子どもの身体や自分の身体を通した自然とのつながりや、子どもを介したたくさんの人や出来事との出会いは、私を新たな方向へ成長させてくれたりとギフトばかりなのです。

毎日見る同じ風景でさえ、1秒たりとも同じ瞬間はなく、美しさに心が震えます。そして、そのことに気づけたこと自体に、感謝をせずにはいられません。いつの日か、この小さい人と過ごした愛しい日々を、どこかの風景の中に重ねてふと思い出す日も訪れるでしょう。

彼もいつか大人になり、さまざまな人生の岐路に立ったとき、人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされたり、生きる勇気を支えられたりすることがきっとあるでしょう。どうしようもなく孤独を感じたときには、完全に守られ愛されていたこの時代のことをどうか思い出してくれますように。

いつもの公園で歩く練習

いつもの公園で歩く練習.jpg

水と弾む世界

水と弾む世界

 

今この瞬間を生きる喜びと生命の美しさを、小さな先生から学ぶ。子育ては宝物の時間。

 


北村 紫穂

1980年生まれ。自律神経失調症を患ったことをきっかけにヨガと薬膳を学び始める。その後、フリーランスとして独立。「身体の声を聴く」をコンセプトに薬膳とヨガを組み合わせたクラスをカフェ・シェアハウス・自宅アトリエなどで主催。週末のケアだけではなく、日常の中で自分をケアしていける人を増やすべく、現在、企業でのオフィスヨガを推進中。産後ウツ・育児経験を踏まえて、食・ベビーヨガ・産前産後マタニティヨガ・赤ちゃんのやわらか抱き方講座も開催している。 ヨガ・中医学は生涯かけて学びたいテーマ。現在9年目。