あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

子育てについて


子育てについて

自分と向き合う

赤ちゃんが生まれて 

赤ちゃんを授かってお腹の中で育み出産する。その過程で私たちは親になります。その過程は緩やかで決して平坦なものではありません。心中穏やかに過ごしたいと願っていても、心をかき乱されるような時もあります。この経験から親として育っていくと私は思います。

親になって

かくいう私も、親業は5年半程度、まだまだひよっこです。理学療法士として多くのお子さんに関わりながら日々、自分の子供との関わり方を考えております。発達から考えると…なんて考えていると私の考えを飛び越えるようにとんでもない発想の答えが返ってくることもあります。

5

人に頼ること、委ねること

子育ては一人では出来ない、多くの人に頼り育ててもらうことで人としての多様的な考え方が生まれると、私は考えます。ご近所の人に子供を見てもらう、一緒に遊びながらお掃除しながら悪いことをしたら叱ってもらう、そんな経験が子供を成長させ人との関わり方や社会性を育むのではないでしょうか。江戸時代から私たち日本人は地域での子育てを行ってきました。その文化の片鱗を残していけたら幸いだと感じています。

子供と一緒に自分も人に頼ること、それに感謝して生活することをおぼえてきました。まだまだこれから育児と育自を楽しみたいと思います。


中原 規予

理学療法士 中原規予 杉並区立こども発達センター、中央愛児園など非常勤にて勤務する傍ら、小金井市子ども家庭支援センターなどで子育てに関する講座を開催している