あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

家族でのお出かけに!関東のオススメスポット


週末どこ行く?家族でお出かけの決定版!

動物が近すぎる!市原ぞうの国
千葉の方でゴルフをされた事がある方なら一度は看板を目にした事があると思います、市原ぞうの国。
おそらく象さんの数は日本一だと思うのですが、それより何よりここの動物園の何が凄いって、動物との距離が非常〜〜〜に近いところ!!
知る限りでは、関東近辺においては一番ではないかと思います。

1-1

 

因みにここにいるのは象さんだけではなく、ラクダやシマウマやカバ、カピバラやはたまた犬や鳩!?なんかもいて、いない動物がほぼいない様に感じました。
別途料金がかかってしまいますが、象さんのお鼻につかまったり、背中に乗ったりする事も出来てしまいます!
象さんライドや象さんリフトは人気の為、午前中でチケットが売り切れてしまう事もある様なので、ご希望の際はお早めに!

 

1-2

 

象さんのショーは11:00からと14:30の1日2回。必見です!
また、姉妹園のサユリワールドにはキリンなどの大物がいます!

入場料は大人1800円・シニア(65歳以上)1440円・小学生900円・3歳以上の幼児500円・2歳以下無料
住所 〒290−0521 千葉県市原氏山小川937
電話 0436−88−3001
営業時間 9:00〜17:00
(3月〜10月16:30 11月〜2月16:00が最終入場)
木曜日休園
http://www.zounokuni.com

 

気候に左右されない!EPSON品川水族館
昨年リニューアルしました、品川駅前にありますEPSON品川水族館。
きれいになって広く見やすくなってから子供達に人気なのは、イルカショーへ向かう道中にあるクラゲの水槽!

 

1-3

 

暗くて怖いかな?と一瞬思いますが、幻想的なこの空間が子供達にはストライクなご様子。
ここでテンションをあげて、エスカレーターを登った先がイルカショーという流れになります。

 

1-4

 

イルカショーもみんなで楽しめる作りになっていて、ここも釘付けスポット。
ただし土日などはショーの時間ギリギリに行くとお席には座れない可能性が高いので、余裕を持って行かれる事をオススメします。
それ以外にもアシカショーやアザラシのごはんタイム、メリーゴーランドの様な乗り物や、少し大きな子はバイキングなどもありますので、一日楽しめる事間違いなしです!

入場料は大人(高校生以上)2200円・小学生・中学生1200円・幼児(4才以上)700円
住所 〒108-0074 東京都港区高輪4−10−30
営業時間 10:00〜22:00(最終入場21:00)
http://www.aqua-park.jp/aqua/

 

大都会の大自然!品川シーズンテラス
昨年5月にグランドオープンを果たした品川シーズンテラス。品川の港南口から10分程の場所に位置しています。
こちらのビルは、東京都浄水場の再構築に伴う空間の有効利用の為に建設されたビルだそうで、環境への配慮や安心安全がテーマの最先端技術を駆使したオフィスビルになっています。
ん?オフィスビル??と思うなかれ!
注目して頂きたいのはビルの2階。なんとビルから地続きで併設されている港区立芝浦中央公園は、本当〜に広い芝生公園で、元気な子供が走り回るのにもってこい!

 

1-5

 

本当に区立の公園?と疑いたくなるほど、とても綺麗に整備されているので安心して遊ばせられます。
奥には木製の遊具があるコーナーやお砂場があったり、新幹線も見えるので電車好きの子にはたまりませんね。
ビルの中にはおしゃれなカフェやテイクアウト出来るお店も入っているので、じっとできないお年頃の子とは、お外のベンチエリアに持って行って食事を楽しんだり、ちょっとしたピクニック気分も味わえます。
たっぷり遊んでお腹いっぱいになってお昼寝をしてくれたら、ママ達はゆっくりお茶…なんていう楽しみ方もアリですね!
毎週水曜日はモーニングヨガのクラスや、春はお花見も楽しむ事が出来るようです。

 

1-6

 

そして夏場は噴水で水遊びが出来るので、子供達も大興奮間違いなし!
芝生広場には入れませんが、こちらの施設はドッグランも併設されているのでワンチャン連れにもピッタリです!

住所 東京都港区港南1−2−70
営業時間 ショップ・レストランの営業時間に準ずる
http://sst-sr.jp

 

家族でお出かけ出来る楽しみな週末。
子供の楽しそうな顔を見られると、それだけで幸せな気持ちになれますね。
知っている場所でも改めて行ってみるとまた違った表情に気がつけるかも知れません。
是非、週末のご参考に。


一条 未緒

ヨガインストラクター 一条未緒 14歳からモデルを始め結婚と同時に引退。 その後ひょんな事から出会ったヨガで、自分のライフスタイルを変えるきっかけを見つけ、学びを深めたいとインストラクターを志す。 2014年3月に第一子女児を出産。昔ながらの子育てを取り入れながら、現在子育て奮闘中。