あなたの家が教室になる 暮らしの根っこを育てる授業を行うオンラインスクール

『ふれあい』の子育て


赤ちゃんの気持ちを感じてみよう

抱っこから感じてみる
赤ちゃんを抱っこするといい匂いや温かさが心地よく、思わずぎゅーっと抱きしめてしまいますね。赤ちゃんから発しているエネルギーを感じられるので大好きです。
赤ちゃんを抱っこすると、その時の気分や体の張りなども知ることが出来ます。
そう、赤ちゃんも抱っこをされると同じ事を感じているのです。抱っこされて肌の温もりを感じ抱きしめられることで安心感を持ち、ママの気持ちも感じているのです。

 

寝かしつけは難しい!?
クラスに来られた赤ちゃんを抱っこしているうちに寝てしまう事もよくあります。
家では抱っこだけじゃ寝てくれない。大泣きしないと眠れない。という赤ちゃんがスーッと眠るとママ達は驚きます。
最近、お布団に下すと、すぐに起きるからずっと抱っこしたままお昼寝しているんです。という話を良く耳にします。
寝かしつけは難しく感じるかもしれませんが、赤ちゃんの気持ちになってみましょう。
温かな腕の中はとっても心地よく、ママの鼓動や揺れをずっと感じていたいのに、急に離されてしまうと不安になると思いませんか?
ママと一緒にいたいよ。置いていかないで。って思っているかもしれませんね。
寝かしつけるときは、肌の温もりを最後まで残し、ママはここにいるよ、安心してね。という気持ちを
込めながら行うとぐっすり寝てくれます。

3-1

 

温もりを伝えよう
『ふれあい』というのは、ただ単に赤ちゃんに「触れる」という事だけではなく、赤ちゃんの気持ちを感じ寄り添う事なのです。
マッサージをする時も、ただ手順を追うのではなく、心を込めて温もりを伝えると赤ちゃんは本当にうっとりと身を預けてくれるようになります。赤ちゃんはとても敏感に心を感じています。赤ちゃんに触れるときはしっかりと心を伝えるようにしてみましょう。
温もりを伝えることは、赤ちゃんの心を豊かにします。そして心の発達は身体の発達へと繋がっていくのです。

3-2

 

《三つ子の魂百まで》という言葉があります。この時期に『ふれあい』を大切にして
心の根っこを育んでいきましょう。


越路 綾子

第2子子育て中にベビーヨガに出会い、Baby Yoga アソシエイトにてベビーヨガインストラクターの資格を取得。 ベビーヨガを育児に取り入れることで子育てに自信がつき、より子どもを愛おしく感じ子育てが楽しくなった自身の経験から、多くの方にベビーヨガやママの身体のケアを知っていただけるよう活動を開始。 赤ちゃんに関わる人たちの幸せを願って、赤ちゃんから大人までトータルでケアし赤ちゃんを産み育てることが楽しくなるようにサポートしていきたいという思いで現在活動中。